×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

久大本線で行く、大分県有名(?)撮影地をめぐる旅A

管理人の先輩である豊之國男様(JourneyExpress web site管理人)に誘われて実行した旅行で、訪問した撮影地も全て豊之國男様の案内によるものです。

2007年(平成19年)2月4日(日)

   翌朝。この日、朝から私たちが向かったのは、日豊本線坂ノ市駅近くの橋梁である。もちろん、大分に詳しい豊之國男様の案内である。目的は、475系の撮影。午前中に1本しか上りがないため、これは何としてでも撮影しなければならない。私は豊之國男様とは少し離れた場所で練習を開始した。どんより曇っており、朝方なので、条件はちょっと厳しかったが、何とか行けそうである。

   8:17、本命の475系がやってきた。先頭車はグリーン車改造である。橋梁の真ん中あたりまで来たところで1枚。

 そう言えば、グリーン車改造には乗ったことが無かったなぁ・・・とふと思った。座り心地を確かめてみたいのだが、大分よりも乗ることができるチャンスの多い鹿児島や宮崎まで行くには時間がかかるし・・・。撮影と言う目的は達成できたものの、乗ることになると、ちょいと厳しい。走り去ってゆく475系の後姿を見ながらそう思った。

 時間があるので、しばらくその場に留まり、この区間ではわずか2往復しか走らない885系「ソニック」を撮影し、川の対岸に移動して、485系「にちりん」や815系を撮影した。

 撮影が終わると、私たちは坂ノ市駅に移動した。

 ここからは、別行動となる。私はスタンプを押しに臼杵駅へ、豊之國男様は大分市内の用事に行くことになっている。一足先に、私は9:03発の815系臼杵行きに乗った。

 臼杵駅には、約25分ほどで到着した。下車してスタンプを押した。駅舎の撮影をして、すぐに駅舎内に戻った。

 スタンプの横には、金魚の水槽があった。去年4月にここを訪れたときに初めて出会った金魚。駅員さんのお世話で、元気にしていたようである。そう言えば、少し大きくなったような・・・。

 お金があるので、予定には無かった鶴崎駅訪問のために、ここから鶴崎駅までは特急を使うことにした。ナイスゴーイングカードでは追加購入できるので、通常の自由席特急料金が600円のところを360円で利用できる。ホームで待っていると、まもなくして別府行きの485系5連の特急「にちりん」が入線した。

 臼杵駅では、列車行き違いのために数分間停車した。車内は乗車率4割といったところで、好きな座席に座ることができた。

 485系5連の宮崎方面行きの「にちりん」と離合し、電車は臼杵駅を発車した。

Bへ

旅行記&特集へ

トップへ